【無料】E-Mail Magazine

当FXメールマガジンはFX取引に関する情報を配信しております。銀行や情報ベンダー、アナリストなどが為替をどのように予測しているのか等、今後の相場動向を掴むために有効な情報をお伝えいたします。

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

人気CX会社

リスクリワード比率&勝率

<リスクリワード比率と勝率(R)の関係>
(リスクリワードレシオ + 1 ) × 勝率 > 1
-----------------------------------------
 R=平均利益÷平均損失
 勝率=勝ちトレード数÷総トレード数

リスクリワード比率

最低勝率
3.00
25%
2.75
27%
2.50
29%
2.25
31%
2.00
33%
1.75
36%
1.50
40%
1.25
44%
1.00
50%
0.75
57%
0.50
67%
0.25
80%

ブログ村PVランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

Calendar

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


サイト価格ランキング

プロフィール

FX取引で自由な時間を得られることを夢みてブログを配信しています。 現在、FXメールマガジンも発行していますのでぜひ登録してみてください!ブログ読者みんなで勝ち組になりましょう♪



「EAラボ」専属FXブロガーのGP-Victryです。
少しでも参考になれば幸いです。
よろしくお願いします。m(_ _)m

現役FXトレーダー[GP-Victory]
日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト

当ブログでの広告掲載については以下URLからお問い合わせ下さい。
広告掲載の問い合わせ

■当ブログの注意事項■

当ブログはあくまで個人的な情報掲載を目的としており、記載されている意見や予測は売買を勧誘するものではありません。売買に関する最終判断は投資家ご自身の自己責任において行って下さい。また、提供する情報の作成には万全を期しておりますがその正確性と完全性を保証するものではありません。 当ブログの記載内容によって生じたいかなる損害についても一切の責任を負いません。

RSSフィード

[最新記事一覧]

USDJPY EURJPY EURUSD
GBPJPY AUDJPY NZDJPY

スポンサーサイト

★☆★毎日確認する重要なトレード材料★☆★
オーダーボックス/重要経済指標/ CFTC大口建玉明細/ 経済レポート専門ニュース

まぐまぐ!
FXトレーダーのための為替情報メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000162666.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<<リアルタイム 60通貨ペア為替レート & 為替チャート>>

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
↑↑↑為替ブログのランキングに登録しています。
読者の方がいらっしゃいましたら応援クリックをお願いします♪
ランキング順位が上がるともっと書きたくなると思います^^;


FXトレーダー仲間と交流しよう♪
にほんブログ村 トラコミュ 初心者の為のFX為替取引へ
FXで頑張ってる人集まろう!
初心者の為のFX為替取引
外貨でお金持ち♪ FX活用術!
FXのデイトレードで儲ける
為替予想(短期・中期・長期なんでも)

<スポンサード リンク>

ポジションを持つ際は、リスクを熟知し重視すること

★☆★毎日確認する重要なトレード材料★☆★
オーダーボックス/重要経済指標/ CFTC大口建玉明細/ 経済レポート専門ニュース

まぐまぐ!
FXトレーダーのための為替情報メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000162666.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<<リアルタイム 60通貨ペア為替レート & 為替チャート>>

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです♪

ドル円はH1チャートでみると、上値切り下げ型、下値切り下げ型のレンジ相場を形成していますね。

実線は25本EMAを下抜ける場面もあり、下降波を形成する展開を暗示したようにも見えましたが、遅行スパンは25本EMAとのかい離幅を収束させる展開にありますが、デッドクロスする時間帯にはたどり着いていません。

usdjpy20141025h1_01.png

高値と高値を結んだライン(トレンドライン)とそれと並行して引かれたチャネルラインが、抵抗線であり支持線となりますが、そのラインに近付けば近付くほど、不安定になるんですね。

それは、買い手と売り手が拮抗して、どちらが勝つかを勝負するポイントだからです。

数時間前の相場では、実線が25本EMAを下抜けたものの、先に記述したようにトレンドを形成する時間帯に絡んでいないことで、レンジ相場を継続しています。

つまり、チャネルラインでは売り手が負けて買い手が勝利しました。
しかし、逆にトレンドライン近辺では、買い手が負けて売り手が勝利しています。

この状態がレンジを生むのですが、この上下ラインをいずれブレイクして大きく動くことになります。

利益を得るには売り手と買い手が拮抗する水準から放れるポイントで勝負することだと思います。
このときのリスクはもっとも低く、リスクを最小に留めることができます。

相場で大きく損を被るときは決まってリスクを放置する環境になると思います。


ポジションを持つ際は、リスクを熟知し重視すること。
ポジションを保有した後も、リスクに目を光らせ意識的に素早く対処しなければ、そのリスクに付け込まれてしまい、気付いた時には大きな損失を被ることになるのですね。

トレードでもっとも重要なことの一つはリスクを軽く考えないことだと云えますね。

関連記事

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
↑↑↑為替ブログのランキングに登録しています。
読者の方がいらっしゃいましたら応援クリックをお願いします♪
ランキング順位が上がるともっと書きたくなると思います^^;


FXトレーダー仲間と交流しよう♪
にほんブログ村 トラコミュ 初心者の為のFX為替取引へ
FXで頑張ってる人集まろう!
初心者の為のFX為替取引
外貨でお金持ち♪ FX活用術!
FXのデイトレードで儲ける
為替予想(短期・中期・長期なんでも)

<スポンサード リンク>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fxbrigade.blog89.fc2.com/tb.php/2739-b4663925


▲ページトップ

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。