【無料】E-Mail Magazine

当FXメールマガジンはFX取引に関する情報を配信しております。銀行や情報ベンダー、アナリストなどが為替をどのように予測しているのか等、今後の相場動向を掴むために有効な情報をお伝えいたします。

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

人気CX会社

リスクリワード比率&勝率

<リスクリワード比率と勝率(R)の関係>
(リスクリワードレシオ + 1 ) × 勝率 > 1
-----------------------------------------
 R=平均利益÷平均損失
 勝率=勝ちトレード数÷総トレード数

リスクリワード比率

最低勝率
3.00
25%
2.75
27%
2.50
29%
2.25
31%
2.00
33%
1.75
36%
1.50
40%
1.25
44%
1.00
50%
0.75
57%
0.50
67%
0.25
80%

ブログ村PVランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

Calendar

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


サイト価格ランキング

プロフィール

FX取引で自由な時間を得られることを夢みてブログを配信しています。 現在、FXメールマガジンも発行していますのでぜひ登録してみてください!ブログ読者みんなで勝ち組になりましょう♪



「EAラボ」専属FXブロガーのGP-Victryです。
少しでも参考になれば幸いです。
よろしくお願いします。m(_ _)m

現役FXトレーダー[GP-Victory]
日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト

当ブログでの広告掲載については以下URLからお問い合わせ下さい。
広告掲載の問い合わせ

■当ブログの注意事項■

当ブログはあくまで個人的な情報掲載を目的としており、記載されている意見や予測は売買を勧誘するものではありません。売買に関する最終判断は投資家ご自身の自己責任において行って下さい。また、提供する情報の作成には万全を期しておりますがその正確性と完全性を保証するものではありません。 当ブログの記載内容によって生じたいかなる損害についても一切の責任を負いません。

RSSフィード

[最新記事一覧]

USDJPY EURJPY EURUSD
GBPJPY AUDJPY NZDJPY

スポンサーサイト

★☆★毎日確認する重要なトレード材料★☆★
オーダーボックス/重要経済指標/ CFTC大口建玉明細/ 経済レポート専門ニュース

まぐまぐ!
FXトレーダーのための為替情報メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000162666.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<<リアルタイム 60通貨ペア為替レート & 為替チャート>>

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
↑↑↑為替ブログのランキングに登録しています。
読者の方がいらっしゃいましたら応援クリックをお願いします♪
ランキング順位が上がるともっと書きたくなると思います^^;


FXトレーダー仲間と交流しよう♪
にほんブログ村 トラコミュ 初心者の為のFX為替取引へ
FXで頑張ってる人集まろう!
初心者の為のFX為替取引
外貨でお金持ち♪ FX活用術!
FXのデイトレードで儲ける
為替予想(短期・中期・長期なんでも)

<スポンサード リンク>

スイスフラン 為替介入は2011年9月から始まったが・・・

★☆★毎日確認する重要なトレード材料★☆★
オーダーボックス/重要経済指標/ CFTC大口建玉明細/ 経済レポート専門ニュース

まぐまぐ!
FXトレーダーのための為替情報メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000162666.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<<リアルタイム 60通貨ペア為替レート & 為替チャート>>

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
↑↑↑応援クリックいただけると嬉しいです♪


昨日、スイス中銀が無期限の市場介入を撤退したことでユーロスイス(EURCHF)は、上限の1.20フランを割り込み、スイスフランは一時0.80520フランまで急落した。

スイス株式市場では10%以上急落、時価総額およそ1000億ドルが吹き飛んだようだ。


スイスは、1515年以来、中立政策を掲げてきた。

1815年にはウィーン会議最終議定書で永世中立が欧州列強より承認。
2002年に国連に加入。

過去10年間の年平均インフレ率が0.8%と低位安定しており、財政収支も黒字を維持しているため、スイスの金利は低い。

2011年末のスイス政策金利は、0-0.25%で長期金利は0.7%だった。

スイスは世界経済フォーラムの国際競争力ランキングで世界1位でもある。

1999年のユーロ発足後2011年末まで、スイスフランは対ユーロ相場で32.3%、名目実行為替相場は33.4%まで上昇した。

そのため、欧州ソブリン危機が本格化した2011年には、スイス周辺国のファンダメンタルズが大きく悪化し、ソブリンリスクや国際収支リスクが少ない安定したスイスに資金が流入したことで対ユーロ相場は急騰した。
これにより2011年9月、スイス国立銀行は無制限の為替介入を実施。対ユーロ相場で1.20フランという上限目標を設定し、その目標を達成するために外貨を無制限に購入することとした。

今回の市場介入解除はスイス経済の強力なファンダメンタルズと為替上昇を防ぐスイス国立銀行の激しい戦いに終止符を打つことになるのか。

やはり介入で為替相場をコントロールすることは中長期的には不可能である。

昨日、スイス中銀は、スイスフランの対ユーロの上限としていた、1ユーロ=1.20フランを廃止すると発表。あわせて、中銀預金金利をマイナス0.25%からマイナス0.75%に引き下げた。

今回の発表は、量的緩和策が発表されるとの観測が高まっている欧州中央銀行理事会の開催を1週間後に控えたタイミングであり、ジョルダン総裁は会見で、決定は「パニック的な反応」ではなかったとし、持続不可能だったため上限を撤廃したと説明している。

また、ジョルダン総裁は「市場は予想外の措置には過剰反応する傾向があり、スイスフランはいずれより持続可能な水準に落ち着く」との見方を示している。

eurchf20150116.png

関連記事

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
↑↑↑為替ブログのランキングに登録しています。
読者の方がいらっしゃいましたら応援クリックをお願いします♪
ランキング順位が上がるともっと書きたくなると思います^^;


FXトレーダー仲間と交流しよう♪
にほんブログ村 トラコミュ 初心者の為のFX為替取引へ
FXで頑張ってる人集まろう!
初心者の為のFX為替取引
外貨でお金持ち♪ FX活用術!
FXのデイトレードで儲ける
為替予想(短期・中期・長期なんでも)

<スポンサード リンク>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fxbrigade.blog89.fc2.com/tb.php/2845-b6430e52


▲ページトップ

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。